生物科学研究所 Laboratory of Biology 井口研究室ホームページ

生物科学研究所(長野県岡谷市) Laboratory of Biology, Okaya, Japan

Yutaka Iguchi 井口豊

Yutaka Iguchi
Director, Laboratory of Biology

If you have questions or need more information about our research, click here: Contact Information.

井口豊
生物科学研究所(長野県岡谷市)

生物科学研究所は,長野県岡谷市の研究教育機関であり,人間を含む生物およびその環境を広く研究教育対象としています。

問い合わせや講演依頼は,所在地と連絡先を参照して下さい。分野を問わず,日本内外の学生や研究者に対して,研究協力や統計データ解析支援を行なっています。最新情報は,生物科学研究所ニュースに書かれています

LIST

To Top of Page

研究例の紹介

To Top of Page

統計学およびデータ解析の解説

To Top of Page

辰野町の外来種ホタル問題

長野県上伊那郡辰野町の松尾峡は,かつては自然のホタルの名所だったが,観光目的で,国内最大規模の外来種ゲンジボタルを移入養殖し,生物多様性撹乱を引き起こしている地である。2019 年現在も,有効な在来種ホタル保護の対策を取らずに,有料でホタル見学をさせている観光地である。

To Top of Page

長野県の自然環境問題

To Top of Page

岡谷市の自然と地形地質

To Top of Page

文化昆虫学

To Top of Page

生物科学研究所ニュース

全般

著作物や研究発表に関しては,Publications (研究論文など)に,随時追加,あるいは,PDFのアップが行なわれるので,チェックしてほしい。

全国の大学生や大学院生に対して,研究協力や統計学的データ解析の支援を行なっています。さらに,小学生から高校生に対して,科学研究の支援も行なっています。それらの内容については,井口研究室の紹介の中で,特に,教育を参照して下さい。


ニュース 1 (2020年9月17日)

私が統計データ解析を支援してきた早稲田大学大学院・日本語教育研究科の李 羽喆さんの博士論文が完成し,博士号が授与されました。

李 羽喆(2020)
『日本語教育における産出的語彙学習を実現する教育的枠組み---中国の大学日本語専攻生の語彙学習の改善を事例に』

同研究科の李羽喆さんのウェブページも参照してほしい。 COVID-19 蔓延の影響で,博士号授与式が実施されず,その点が残念だったようです。


ニュース 2 (2020年9月15日)

COVID-19 感染防止のため,今年の全国ホタル研究会は中止となりましたが,信州環境カレッジ「上松町ホタル講習会」の講演内容は,同研究会誌の新刊に掲載されました。

井口豊 (2020) 長野県上松町のゲンジボタル.全国ホタル研究会誌 53: 23-24.


ニュース 3 (2019年11月3日)

木曽の上松町で,10月27日に,信州環境カレッジ「上松町ホタル講習会」が開催され,私が講師として招かれ,上松町のゲンジボタルは,いつ,どこから来たのか?をテーマに講演してきました。


ニュース 4 (2019年10月16日)

私の研究室で,指導協力してきた外国の院生の学位論文が,二編発表された。

Ellen B. Haugan (2019)
'Homeplace of the Heart' Fireflies, Tourism and Town-Building in Rural Japan
Master's Thesis of the University of Oslo, Norway.

これは,辰野のホタルの文化および観光としての側面と,移入外来種としての側面に焦点をあてた修士研究である。

Sunitha Tumkur (2019)
Effect of explicit instruction of formulaic sequences on the oral fluency of young ESL learners
Doctor's Thesis of The English and Foreign Languages University, Hyderabad, India.

これは,第二言語としての英語(ESL, English as a second language)を学ぶ際に,多様な定型的言語表現(formulaic sequences)の学習によって, 英語会話能力が向上することを統計的に示した博士論文である。