logo
生物科学研究所 井口研究室
Laboratory of Biology, Okaya, Nagano, Japan
Home

生物科学研究所研究報告

統計解析を用いた信頼性の評価1. 医工学治療 30,倉持龍彦ほか(2018)

井口豊(生物科学研究所,長野県岡谷市)
最終更新:2018年11月6日

倉持龍彦・對馬栄輝・下井俊典・井口豊・宮田賢宏・大塚紹・大友学・若狭伸尚・村野勇・米津太志・角田恒和(2018)
統計解析を用いた信頼性の評価 1
医工学治療 30 (2): 73-77.

倉持龍彦ほか(2018)の別刷

土浦協同病院の倉持龍彦さんから,待望の論文別刷りが届いた。倉持さんだからこそできた労作であり,しかも,その第一弾である。

その内容は,まず「信頼性」とは何か,なぜその概念が必要なのかを詳しく解説している。

次に,連続変数に対する評価として,級内相関係数 ICC と Lin の一致相関係数 CCC を解説し,名義・順序変数に対して,κ(カッパ)係数と Kendall の一致係数 KCC を解説している。この4項目だけで,じつに,3ページ半にも及ぶ入念な解説である。

各項目とも,数式の解説も適切にされていて,CCC では, Pearson 積率相関係数 PCC との関係をグラフも用いて説明し,κ係数では,Cohen と Fleiss をきちんと区別して説明している。また,KCC では,Friedman χr2 や Spearman 順位相関係数との関係を詳述している。

さらに,これらの指標の算出にあたり,統計ソフト R,特に,改変Rコマンダーの利用を想定している。

これまで,これだけまとまって,かつ,適切に解説された論文は皆無だった。その意味で,医療関係者だけでなく,心理や教育などの関係者にも是非読んでもらいたい教科書的な論文に仕上がっている。

私も協力でき,かつ,共著になることができ,光栄である。

**********

その後,第二弾も完成した。

統計解析を用いた信頼性の評価 2. 医工学治療 30,倉持龍彦ほか(2018)

Home